qsukesanの心穏やかに禅三昧

体を動かすこと、食べること、暮らしの中の楽しみなどを書いています。

自律神経のバランスとがん

こんにちは、qsukesanです!

 

昨日の新聞記事

自律神経ががんの悪化を促進と言う

記事を読みました。

 

私が読んだ新聞は上毛新聞でした。

 

www.jomo-news.co.jp

 

何にしても

ストレスは良くないという事は

言われてきました。

 

そして

自律神経のバランス

大事だと言う事も言われてきました。

 

こういう形で自律神経

がん細胞に関与して

増殖や転移を促進させていると

ハッキリしたのは

初めてでではないでしょうか!?

 

自律神経

交感神経と副交感神経

 

どちらが

良いとか悪いとかではないですが

 

記事の中にでている

教授の話では

 

ストレスを軽減して心の平穏を保つ工夫が、がんの予防、悪化抑制に役立つ事を示す結果。(上毛新聞の記事から引用)

こう言っています。

 

がんは誰でも患う可能性のある病!?

 

私はそうは思っていませんでした。

 

100%患わないとは

言えません

 

家系や体質などとは別

 

なりやすいとか

なりずらいはあると思っていました。

 

がんと言う病の原因には

 

自律神経以外にも

様々な原因はあると思います。

 

ですが副交感神経を優位にした生活を

意識すると言う事

 

がんだけではなく

病気に強い体を維持していくためにも

必要なことだと思います。

 

 

 

 

安保徹先生

この先生が本の中でが言っている

 

「いつもニコニコ副交感」

 

 タニタじゃなくて

 

いつもニコニコ!!

 

f:id:qsukesan:20190710164909j:plain

ワカメラさんによる写真ACからの写真

 

これが大事なんじゃないかと思います。

 

いま甲子園の高校球児なんかも

 

苦しい時こそ

笑顔で声を出しあっているような

光景を見ます。

 

笑う門には福来たる

 

しかめっ面して生きていくより

きっと良いことがあるんだと思います。

 

 

本日も最後まで読んで頂き

 

有難う御座いました。