qsukesanの心穏やかに禅三昧

体を動かすこと、食べること、暮らしの中の楽しみなどを書いています。

風呂カビは掃除のさいご水じゃなく熱湯かけて簡単退治!!

こんにちは、qsukesanです!

 

私は、よく夕飯を作ります。

 

それ以外には、お風呂掃除もしています。

 

毎回、すみからすみまでと言うほど

丁寧ではないですが

 

手の届く範囲はしっかり掃除しています。


f:id:qsukesan:20190429120009j:image

お風呂でのお悩みと言えば

 

カビですよねぇ!

 

手の届く範囲は良いのですが

油断していると天井などに出てきますね。

 

カビは伝染するって言われました!

 

見えている所を綺麗にしていても

見えない所のカビの胞子が飛んで

ひろがてしまうらしいですね。

 

イスの裏側などの見えないところも

しっかり洗っています。


f:id:qsukesan:20190429115836j:image

 

もう一つ、そのお風呂掃除で

カビ対策としてやっていた最後の水かけ

 

洗い終わってながす時

 

水でながすのが良いらしいって聞きました。

 

何故か!?

 

水でながすことで浴室の温度を下げるので

湿度が上がらないって事でした。

 

しかし、たまたま見た先日のテレビで

まったく逆の検証結果をやっていました。

 

水をかけることで浴室が冷えてしまい

逆に湿度が上がってしまうと

言うことでした。

 

検証では確かに

水でながした後に時間をおいて

湿度を測ったところ

 

湿度が

ながす前は57%位だったと思いますが

 

ながして時間をおいた後は

75%まで上がっていました。

 

水でながすことで室温が下がり

水分が蒸発しにくく湿度が上昇

そのような内容だったと思います。

 

なんでもお風呂掃除で最後のながしは

50℃以上の熱湯でながすのが

お風呂のカビ対策には有効ってことでした。

 

毎日綺麗に洗ってもカビが増えたら

意味が無いですね。

 

これからは

 

熱湯でジャーっと

ながしていきたいと思います。

 

 

本日も最後まで読んで頂き

 

有難う御座いました。